あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも

俳優 亀岡拓次

f:id:anmitunradio:20200130234848j:image

2015年 ‧ コメディ ‧ 2時間 3分

脇役がほぼメインの俳優亀岡拓次。泥棒、チンピラ、ホームレスまで来る役拒まずのバイプレイヤーの哀愁ある姿を安田顕が見事にショボくも愛嬌ある姿で演じ。スポットライトを恋も求め右往左往する人生感は何だか微笑ましくも哀しくもあり、何だか自分を観てるかの様なところもあってか何だか身に染みた(笑)ヒロインの麻生久美子との場末の居酒屋で何気ない会話や、テレビから流れてくるエピソードで紙オムツと花束を持って突っ走りながらもやはり不器用で上手くいかない、部分は安田顕の人柄も感じ取れたのも、実に良かった。映画的には半ばくたびれた亀岡拓次の人生模様といったお話な為、事件らしい事件はないから退屈する人は退屈するかもだが、普段こういった脇役の人ってどういう生活や生き方をまざまざと映して映画にしてしまうって言うのは邦画映画らしくて好きだな。寒天の様に味気ないが実はその中にも味わい深いところもあるのだと、改めて感じる事で深みがあるのかも?っと思わせられる様な作品であった。