あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも書く

ドラゴンボール超 ブロリー

f:id:anmitunradio:20181214192151p:image

2018年 ‧ ファンタジー/サイエンス・ファンタジー ‧ 1時間 55分

良くも悪くもファンのためのファンの映画!

テレビアニメ版からの続きとして描かれており、主に前半は、プロローグのような今まで短編で描かれた部分と+αで鳥山明が少々補正を加えた。描かれることは無かった悟空の母親やなんかも登場。更にブロリーの設定も新たに付け加えられ今までのシリーズでは冷酷無比なイメージであったが、より人間らしさを持ったキャラクターになっていた。(カカロットという設定は消えていたが…)


後半はもうずっと戦いの戦いで、今までの劇場版ドラゴンボールシリーズの戦闘シーンを全部詰め込んだような集大成的な、多彩な攻撃や必殺技の応酬から、フリーザの茶番劇(笑)ブロリーの強さの源や伝説の超サイヤ人と呼ばれる圧倒的なまでの暴君ぷりとテンポの早さで、ヌルヌル動くこと動くこと、途中CGを使ったシーンは若干、蛇足であったがそれをマイナスとしてもプラスされる戦闘シーンの凄まじさは見事でしかなく歓喜であった。


そして、今後ブロリーをモロにテレビ版に絡めてくる気満々の大人の事情的マネーのニオイもプンプンさせる的な未来も見え隠れするラストであった(笑)が、正直。今までのシリーズの中では1番好きなラストで悟空らしさも出ててニヤリとさせられて良かった。正にこれぞファンが待ち望んだであろう圧巻の戦闘シーンの数々は劇場の、大画面楽しんで見るべき映画であり、ストーリーは寧ろオマケで「考えるな、感じるんだ!!」っである。

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

f:id:anmitunradio:20181214181615j:image

1994年 ‧ アクション/SF ‧ 50分

3度目のブロリー登場というか、回を増すごとに扱いがどんどん雑になってきているブロリーさん!今回は原型さえも留めてない酷さときたもんだ(笑)

ミスターサタンの幼馴染みで恨みを持つ金持ちがバイオテクノロジーを駆使して、サタンに復習するといった内容なのだが、よりにもよってブロリーの血をバイオテクノロジーで復活させてしまったから大変な事に!勿論、サタンは腹痛のために戦えるワケもなく(笑)一番弟子の18号とチビッ子コンビのトランクスと悟天が戦う事に、見た目は酷いが元はブロリーのため強さは本物18号は軽くボコられるのだが、明らかに前回圧倒的したチビッ子2人組に今回は倒されるバイオブロリー!仕舞いにはターミネーターオチでI'll be back。で撃沈される事に果たして我らがブロリーは戻って来るのだろうか!?

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

f:id:anmitunradio:20181214181219j:image

1994年 ‧ アクション/SF ‧ 1時間 2分

ブロリー2回目の再登場!

7年前に倒されたはずのブロリーがポッド(宇宙船)で何故か地球に不時着し冷凍保存されていたからさぁ大変だ!たまたま、ドラゴンボールを探していた。ビーデルさんとトランクスと悟天達と遭遇。更には悟天をカカロットと間違えて襲いかかる羽目にしかも、子供と女性相手にフルボッコだドン!アニメシリーズで悟空の代わりに新しい主人公としてバトンタッチされた悟飯が何とか助けに来るも、またまたフルボッコだドン!ついででクリリンも(笑)今回もブロリー1人でコンプリート間際の寸前で、再コンテニューで悟飯と悟天の兄弟かめはめ波からのまさかのクライマックスで奇跡の親子かめはめ波で太陽までぶっ飛ばし見事に強敵ブロリーを撃破!(因みにこの決着のパターンは2度目でクウラの時と同じ)

今回のブロリーは前作よりかは若干、強さが少しだけマイルド化され感があったのが印象的であった。

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

f:id:anmitunradio:20181214180927j:image

1993年 ‧ ファンタジー/アクション ‧ 1時間 20分

映画「ドラゴンボール超ブロリー」の為に予習復習!過去にブロリーが出ている3本を鑑賞。先ずはブロリーが1番最初に登場した記念すべき一本目!

悟空やベジータの様に途中から目覚めた超サイヤ人ではなく、生まれながらにして圧倒的な戦闘力を発揮していたブロリー、それに危惧した惑星ベジータの王はブロリーと父のパラガスを追放することに、積年の恨みを抱えたパラガスの復習のためまんまと罠にハメられたベジータ達と悟空も合流し地球から離れた惑星で戦うこととなるのだが、本物の伝説の超サイヤ人という事でハチャメチャと圧倒的な力の差で強過ぎること!それに臆してヘタレるベジータの姿ときたら、情けないこと!映画特有のご都合主義展開にはツッコミどころ満載でなんでやねんと!昔は気にならなかったが改めての違和感についついツッコミ入れてしまった(笑)

しかし、この映画のお陰でブロりーという素晴らしいキャラクターが生まれた事は唯一褒められる功績であったといえる作品である。

Tag

f:id:anmitunradio:20181213221830p:image

2018年 ‧ コメディ ‧ 1時間 45分

日本劇場未公開。アベンジャーズホークアイことジェレミー・レナー出演作品との事で来年公開されるのかと期待してたが、配信やレンタルで既に出てて驚いた(笑)


9歳からの親友。ホーギー、ジェリー、ボブ、チリ、ケビンの5人はは毎年5月の1カ月間を逃げ回る鬼ごっこを30年続けてきた。その中でも決して捕まらない最強のジェリーを捕まえようと4人は熟慮に熟慮を重ねた作戦を繰出してくるのだった。


30年鬼ごっこを続けた大人たちの実話を基に製作されており、コメディタッチで、馬鹿な事を本気でやり続ける大人達の姿に当初は呆気にとられるものの、無敵のTag(鬼ごっこ)プレイヤーのジェリーことジェレミー・レナーMCUから飛び出してきた!まんまお前ホークアイちゃうんか?っぷりに目を奪われることは間違いないなく、おケツにパンチを連打するジェレミーやバッグ護身術からドーナツで相手をノックアウトする圧倒的強者の姿はかなり見物であった(笑)


そして他の同級生プレイヤー達のキャラクターの濃いこと濃いこと、下ネタや不謹慎なアメリカンなブラックジョークも含まれてたりと、この辺りが劇場未公開の理由だったのかとも気になったが(汗)


普通の実話モノと違い最後までどうなるのか読めなかったが...ラストはかなり良い意味で裏切られた(笑)家族、友情、自由の大切さ。中年のオッサンどもが青春時代に戻ったかのようなノリで追いかけ回す姿は爽やかで素晴らしかった。そして、伝記モノによくある最後に実在の写真や映像を載せていくスタイルもぐっときてこちらもかなり好き!

路上のソリスト

f:id:anmitunradio:20181213220923j:image

2009年 ‧ ドラマ/ミュージカルドラマ ‧ 1時間 57分

路上で暮らす男、ナサニエル。 彼はかつて天才と呼ばれたチェリスト。 LAタイムズの記者が迫った実在の音楽家の物語とは...


自暴自棄になっていた記者・スティーブが偶然にも癒しの音色を奏でるホームレスでチェリストナサニエル。と出会い是非ともこんな素晴らしい演奏をする人物をこんな所で埋もれさせちゃいけない、この才能を他の人にも知って貰いたい脚光を浴びる権利と、彼にはそれに見合う才能がある。っと勝手に使命感に囚われ暴走!普通なら、ここから感動展開、はいキターと思うところだが、実話のためそんなドラマチックな展望とはいかないのが現実なのである(笑)


当の本人ナサニエルにとっては、いい迷惑であり。彼はある精神的な病を抱え、大勢の前等で演奏となんてもってのほか、スティーブの善意も苦痛でしかなく、当初は何故ここまでしてやったんだと善意の押し売りで憤怒するスティーブも、彼の事情を知り反省とそして更に苦悩することになる。


罪滅ぼしではないがスティーブがナサニエルに対して出した答えとは?ラストはあっさりしているものの、それがナサニエルにとっての楽園であり居場所なんだと、彼がそこで演奏するだけで、それだけで十分に幸せなように見えた姿は印象的であった。


日本のことわざにもあるようにも、親しき仲にも礼儀ありという言葉。人との価値観や自分の考えの枠組みに無理やりハメこもうとする人。心の在り方や人との距離を改めて考えさせられる作品である。

21グラム

f:id:anmitunradio:20181213221341j:image

2003年 ‧ ドラマ/クライム ‧ 2時間 4分

1つの交通事故から連鎖する数奇な運命が3人の人生を狂わせ交差させていく人間ドラマ。現代社会やその裏に見え隠れする犯罪や事故、幸先の見えない経済や暗闇に閉ざされ不安ばかりが蔓延する今の世の中に対して訴えかけたかのような重たいテーマと世界観とタイトルの21gという人間の命の重さが下地になっている。


名優ショーン・ペンベニチオ・デル・トロナオミ・ワッツの演技の三重奏は見ていて圧倒されるばかり。特に、終始何処か儚げで悲しい目をしたショーン・ペンの存在感と自然体の演技はには圧巻で鳥肌がたった。


物語は一貫して暗く救いはなくこれでもかと負の連鎖とやるせない想いに見ている側までもが苛まれそうになる世界観は恰も現実的でリアルで流石「アモーレス・ペレス」「バベル」等。カタルシスを描かせたらピカイチの監督イニャリトゥの手腕も見所の1つである。全く交わりのなかった3人の運命がひとつに引き寄せられ、重なりあった瞬間、21gの本当の意味が明らかにされ、見終わった後は余韻とカタルシスに酔いしれるであろう。