あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも

キングダム

f:id:anmitunradio:20190701035055p:image

2019年 ‧ アクション/アドベンチャー ‧ 2時間 14分

ヤングジャンプ連載。原泰久原作の歴史ドラマ。中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、中華統一をもくろむ若い王の運命を描いた歴史スペクタル大作!

 

結構前に鑑賞したのだが、色々あって今更ながらのレビュー(汗)

アメトークの「キングダム芸人」で漫画の人気に火が付きアニメに留まらず、各方面で絶大なファンを獲得し累計発行部数は3800万部を超えるといった。もはや国民的漫画と言っても過言ではない人気作品が、遂に実写化となった訳だが、実写と最初に聞いた時はまたかぁ~っとため息が盛れたものだ。

近年、漫画の実写化で上手くいった例は数知れず·····殆どの漫画原作が爆死や原作レイプと呼ばれる昨今、キングダムもきっと失敗に終わるのかと自分の中では感じていた。そして、漫画実写化のお決まり顔になりつつある山崎賢人これはどう考えてもと思っていざ、鑑賞した結果は·····!


「悪くない」である。

しっかりとキングダムの世界を実写で表現出来ており、原作で思い描いていた壮大な中国の大地を舞台に建物やキャストも実写化にありがちなコスプレになっておらず、スクリーンから伝わる奥行きや世界観で悪くなかったかのだ、悪くはなかったかのだが、、、

近年のハリウッド大作や本場中国の大作アクション作品を見てきた身としては、目新しさがあまり無かったのが大きな要因であったと言えよう。だが、近年の邦画や実写化の中では頑張っていた方だとも感じた。

 

キャストに関しても主役の信を演じた山崎賢人も今までの実写化の鬱憤を晴らすかのような演技はなかなかであった。しかしこの物語で一番光ってた印象があり目を惹かれたのは、若き王こと嬴政を演じた吉沢亮ではないだろうか?実写化で違和感がなく見事に嬴政を演じており、あの容姿と立ち振舞で映画を見に来た女子はかなりの確率でハート♡を射抜かれたというレビューを幾つも目にしたほど!そして、我らが男子は多分、2派に別れるであろう、河了貂を演じた橋本環奈派か楊端和演じた長澤まさみ派。自分はやはり山の民の王こと楊端和を演じた長澤まさみにハート♡を射抜かれあの太ももと高圧的で華麗な楊端和に是非とも踏んで下さいとお願いしたくなるほど(笑)物語で大きな役割と今後重要なキャラクターの王騎を演じた大沢たかおは増量したのか逆RIZAPで結果にコミットした存在で全体の中では悪くなかった。

 

肝心のそしてこの映画と肝となっているアクションに関しては、矢継ぎ早にこれでもかと詰め込んだかのような怒涛のアクションの連続に(物語上の展開で仕方ない部分もあるものの)少々胸焼け気味になりそうなのとやはり、どこか緊張感にかける部分とオーバーリアクションをとればという部分も相成って後半1番の見所は間延びしてしまっていたのも残念であった。演出も所々でお涙ちょうだいの邦画の悪い癖やなんかももはやお決まりのなのかと思うほどで、このあたりを強く強調するのも蛇足だったように感じてしまった。

 

物語は原作の序盤も序盤辺りを映画化したと言うことで一段落着いた状態で幕引きとなっており、原作ファンから言わせてもらえればこの次の展開がキングダム史上一番に盛り上がる展開となっているため、この一作品だけで終わってしまうのかという懸念もあったが、公開から現在までの結果は興行的に実写化の中でも辛うじて成功作品という部類に入ったという点で、高確率で続編も有り得るのは確かで、今後も漫画実写化は幾つも続くのを考えた上で少々辛辣になった部分はあるが、原作ファンと実写化の爆死や原作レイプといった悲劇を繰り返させない為にも少し厳しい評価とさせて貰った。是非とも次回作を製作する場合は今作の反省点を生かしうえで今作をいや、今までの邦画を超える本物の邦画作品を創り上げてほしい!