あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも

アシュラ

f:id:anmitunradio:20181126214009j:image

2017年 ‧ ドラマ/クライム ‧ 2時間 16分

私利私欲に走る市長と、犬として奔走する主人公で悪徳刑事ドギョン。そして市長を立件するためドギョンを利用しようとする検察と、三者の思惑が交錯し壮絶な駆け引きと暴力の嵐が吹き荒れる。


韓国映画版、仁義なき戦い(広島死闘篇)アウトレイジゴッドファーザー的な圧倒的な暴力描写や全員悪党といったノアール作品なのだが、出てくる登場人物の濃いこと濃いこと、特に権力を武器に、暴走する(ファン・ジョンミン)演じる。市長ことパク・ソンべの終始笑顔なのに目だけは絶対に笑っていない表情などの怪演と悪徳非道っぷりは終始圧倒され次第に痛快と思えるほど、それと対する検察演じる(クァク・ドウォン)がこれまた冷静だが残忍で嫌な役人オーラをプンプン撒き散らしこちらもかなり胸糞さで見事。権力と権力の狭間で袋小路に追い詰められていく悪徳警官ドギョンを(チョン・ウソン)がこれまた徹底した最低のクズっぷり清々しいほどに演じ堕ちるところまでまで堕ちてからがまた凄かった!終始見ていて、痛みだけがやけにリアルにズシッと伝わってくるかの緊迫し通しの展開とアクションや特にカーチェイスシーンはアドレナリンが分泌するかのような激しさを放ち、そこから葬式でのドギョンが市長相手に啖呵をきり、コップをガリっとかじるところからスタートする。ラスト40分のクライマックスへと向かっていく怒涛の展開はまさに、血で血を洗うように地獄絵図とかしていく修羅場だらけで最後はタイトルの阿修羅と化す人間達の姿を垣間見た。破滅へ向かう男達の儚さと哀愁を見事に描き、映画としてのクオリティーと突き抜け方、妥協のなさということに関して本当に重く後味が最悪(最高)の作品であった。