あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも

スタンド・バイ・ミー

f:id:anmitunradio:20190428084249p:image

1986年 ‧ ノスタルジック・ドラマ ‧ 1時間 29分

グーニーズが子供向けの映画だとしたら、スタンドバイミーは大人向けの映画だと誰かが言っていたが納得だ。


ノスタルジックで、懐かしい気持ちを思い出させてくれ、少年が仲間達と2日間の旅を通じて少しだけ大人へと成長する青春映画。それぞれに心に闇を抱えた少年達と自分を重ねて合わせてしまう人も多かったはずだ。クリス演じるリヴァーフェニックスの存在感ある演技は自然体で、思春期特有の心情を上手く演じており見終わったあともじわじわと余韻が残るほどだ。そしてこの作品が傑作と呼ばれる所以は自分が考えるに、どの年代が見ても、歳を重ねるごとに違った感情の変化を与えてくれるところにあり、本当によくできた映画だと感じてしまう。特にラストシーンからエンディングの「Stand by Me」が流れる辺りは何度見ても目頭が熱くなってしまう。スティーブン・キングで好きな作品はいくつもあるが、その中でもこの作品は一番好きな作品だ。

 

余談だが原題はTHE BODY(死体)であり!のちのジャックバウアーも登場しているのは必見だ(笑)