あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも書く

路上のソリスト

f:id:anmitunradio:20181213220923j:image

2009年 ‧ ドラマ/ミュージカルドラマ ‧ 1時間 57分

路上で暮らす男、ナサニエル。 彼はかつて天才と呼ばれたチェリスト。 LAタイムズの記者が迫った実在の音楽家の物語とは...


自暴自棄になっていた記者・スティーブが偶然にも癒しの音色を奏でるホームレスでチェリストナサニエル。と出会い是非ともこんな素晴らしい演奏をする人物をこんな所で埋もれさせちゃいけない、この才能を他の人にも知って貰いたい脚光を浴びる権利と、彼にはそれに見合う才能がある。っと勝手に使命感に囚われ暴走!普通なら、ここから感動展開、はいキターと思うところだが、実話のためそんなドラマチックな展望とはいかないのが現実なのである(笑)


当の本人ナサニエルにとっては、いい迷惑であり。彼はある精神的な病を抱え、大勢の前等で演奏となんてもってのほか、スティーブの善意も苦痛でしかなく、当初は何故ここまでしてやったんだと善意の押し売りで憤怒するスティーブも、彼の事情を知り反省とそして更に苦悩することになる。


罪滅ぼしではないがスティーブがナサニエルに対して出した答えとは?ラストはあっさりしているものの、それがナサニエルにとっての楽園であり居場所なんだと、彼がそこで演奏するだけで、それだけで十分に幸せなように見えた姿は印象的であった。


日本のことわざにもあるようにも、親しき仲にも礼儀ありという言葉。人との価値観や自分の考えの枠組みに無理やりハメこもうとする人。心の在り方や人との距離を改めて考えさせられる作品である。