あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも書く

モリーズ・ゲーム

f:id:anmitunradio:20181113200718j:image

2018年 ‧ ドラマ/クライム ‧ 2時間 20分

モーグルの大会で重傷を負い、アスリートの道を諦めたモリー。ある日、彼女は上司からアンダーグラウンドな超高額ポーカーのアシスタントを頼まれた事をキッカケに人生が一変する


ポーカーのルールを知らなくても、途中説明や大体の流れで着いていけるため、心配無用、一件サクセスストーリーと思うかもしれないが、本作はモリーの人間としての成長過程や人間ドラマを楽しむ作品である。


最初のイメージしてたモリー像は裏社会でのし上がろうとギラギラの野望や欲望を持った人物像を想像していたが、実際は真っ当で誠実で自分の信念を曲げずに最後まで不利益になろうが、自分のスジを通すような意外な人物像で驚いた!だが、裏社会で勝ち続けるにモリーはあまりにも真人間すぎた為、落とし穴にハマってしまうんだが...まあ、そこがこの物語でのモリーの魅力でもあるんだけど、あとおっぱいも良かった!


モリー役のジェシカ・チャステインは役とマッチしており、上手いことモリーの時代背景や家庭での苦悩など熱演してて魅力的で良かった!モリーを助ける弁護士との掛け合いや、父親役を演じたケヴィン・コスナーは特に最近は「ドリーム」などでも脇役としてだが、すごく好演しており娘モリーとの対話する場面は特に印象に残って素晴らしかった。終盤での法廷でのシーンはまた意外で面白く!通常見たことのない、判決パターンがある事を初めて知ったりとなかなか知らない事や、検察側とのやり取り等見所満載で、情報量が多くかなり見終わった後の疲労感はあるが、その分やはり実話を基にしているため濃密で人間ドラマが光っており楽しめ、テンポよく場面の切り替えも激しく進んでいくため、時間の長さはさほど感じなかった。そして、見終わった後の充実感と久しぶりに良い映画を観たと素直に思える作品であった。