あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

f:id:anmitunradio:20181112184625j:image

2008年 ‧ ドラマ/SF ‧ 2時間 2分

現代に似たもうひとつの世界。平和を実感するために“ショーとしての戦争”が行われる中、思春期のまま戦闘機のパイロットとなることを余儀なくされた通称“キルドレ”たちの運命を描く。


空中に戦闘機が飛び上がるシーンから空の雲や飛行シーンは実写と見間違えるほどの映像美、戦闘シーンも素晴らしい映像美で押井守の拘りを細部に感じることができて、凄いと思ったのはここまでで・・・期待をしたのも束の間。


全体的にな重く暗く、ほぼ無表情のキャラクター達と覇気のない声でボソボソっと話す声のトーン。押井守の作品で何度か見たような世界観。キャラクターやストーリー設定で、一生を子供で過ごし死ぬことが出来ない為に、叙事的であるというイメージと戦争という事柄を恰も、現代社会に向けての風刺として描きたかったのかもしれないが


物語とキャラクターの行動や発言、肝心の死ねないという、設定も戦闘機に搭乗して撃墜されれば死ぬとか、しまいにゃ普通に銃で撃たれ殺したとか設定にあまりにも説得力がなく、違和感だらけで話も淡々と抑揚も無い展開をただ繰り返すような、監督の狙いだったとしても流石に途中からキツくなって何度睡魔と闘ったことか


世界観的には、押井守作品の「人狼」や「攻殻機動隊」を思わせる名前がちらほら出てきて、クロスオーバー作品とも思わせるかの様な世界観はファンにはたまらず、押井守作品が大好きで、それに加えて戦闘機好きが喜びそうな作品である。自分的には難解すぎたのと響かなかった部分で否であった設定は悪くなかっただけに残念である。