あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも書く

ボヘミアン・ラプソディ

f:id:anmitunradio:20181109183505j:image

2018年 ‧ ドラマ/伝記 ‧ 2時間 13分

劇場の予告で見て以来、この作品は絶対に劇場の大画面で堪能する作品だと確信しての鑑賞。


伝説のバンドQUEENフレディ・マーキュリーの波乱万丈の人生を描いた物語


冒頭、20th Century Foxのダッダッダダ〜♪がギターサウンド音として流れ掴みはOK!と言わんが如くステージへ向かうフレディの後ろ姿から物語ははじまる。

自分の中でQUEENというバンドは曲とvoのフレディ・マーキュリーの存在くらいの認識であったが、本作を見たあとはイメージが一変した。その圧倒的センスと才能あるヴォーカルとステージ上で魅せるパフォーマーとカリスマ性の顔とは裏腹に、私生活での苦悩やゲイであるという事に対する偏見がまだ厳しかった時代に対し、彼が生涯を通じてテーマにしてきたであろう「愛」誰よりも愛を求め、叶わぬ願い、別れ、裏切り、再開、運命のように散りばめられたピース。音楽というフィルターを通して彼の心情や感情が重なり歌に秘められた彼の想いやバンドの音が融合した時に、パズルは完成となり。さまよい訴え続けた彼が最後にたどり着き見出した答えと視線の先にある景色はとても印象的で、終盤21分のコンサートシーンは涙と鳥肌でフレディと観客と一体になって「We Are the Champion」を一緒に口ずさんでいる自分がいた!

 

そして、この作品で役者陣が本当にいい仕事をしており、フレディ役を演じた。ラミ・マレックの圧倒的、憑依したとしか思えない。フレディ独自のステージ上でのパフォーマーンスと演技は圧巻である。気になっていたフレディの独特の感性とファッションセンスのルーツなんかも時代の流れとその時の彼の私生活がモロに影響してたり、あの歌に隠された秘話などもしっかりと経路もとても細かく丁寧に描かれており、QUEENとの人間関係から交友関係までも彼という人物への製作者のリスペクトと愛が伝わってくる作品で、終わったあとは彼らの音楽を聴きたくなることは間違いないだろう。