あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも書く

f:id:anmitunradio:20181109071821j:image

2018年 サスペンス・ファンタジー 1時間52分
容貌の醜さから人に忌み嫌われてきた累。そんな彼女に、女優であった美しき母親が遺した1本の口紅。その口紅は他者の顔を奪うことが出来るという謎の力を持っていた。累はその力を使い、母と同じ女優の道を歩もうとする

 


漫画が原作で、女優という設定上「ガラスの仮面」のような、どろどろした昼ドラ的な世界観を想像したのだが、想像を超える世界観でびっくらこいた!

 


売れない舞台女優の舞台女優の丹沢ニナ(土屋太鳳)と累(芳根京子)による、キスにより入れ替わる2人2役の演技に最初は戸惑いつつ見ているものの、次第に入れ替わった丹沢ニナの容姿で中身が累役を圧倒的な力量で演じた。土屋太鳳の妖艶たる姿に圧倒されるばかりか!累役の芳根京子の不気味さを醸し出しつつも、次第に偽物が本物を喰らいつくそうとする演技には痺れ、女の執念たる禍々しい感情の交差が更にドロドロと入り交じっていく後半や、累の秘密に触れつつも、物語が一体全体、何処に着地するかも予想だに出来ない盛り上がりを見せ、土屋太鳳の舞台シーンでのダンスは特に印象的で見応えあり、ラストは放心状態になるような感じで見終わったあと暫し呆然とするほど...

 


漫画原作ということで、上映時間内に何とか話を詰め込んだ感はあったものの土屋太鳳と芳根京子の圧倒的、悪魔的演技に助けられた作品と言っても過言ではないほどに卓越していた。あと、演出家の横山裕の役どころはかなり役得で、羨ましくワイと交代して欲しかったほど(笑)まあ、他にもツッコミどころはあったが、野暮なことは控、漫画原作の実写化の中ではかなりよく仕上がった作品ではなかろうか?