あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも書く

ルイの9番目の人生

f:id:anmitunradio:20181109071359j:image

2018年 ‧ ミステリー/スリラー ‧ 1時間 48分

怪物はささやくと少し雰囲気が似ており、上半期に話題となった作品。


生まれてからの8年で、8回も大事故を経験したルイ。9歳の誕生日には、断崖絶壁から転落し9度目の悪夢に見舞われ昏睡状態になってしまう。担当医のパスカルはルイを救おうと、秘密を探り始める。


昏睡状態のルイの現在と事故が起きる迄の出来事を振り返りながら同時進行し、謎を紐解いていくといった流れになっており、見ているとミステリーぽさもありつつ、サスペンス要素もありつつ、ダークファンタジー要素もあったりとかなり惑わされる展開で、途中まではどうなるのか分からずいたのだが!劇中のとあるシーンでオチが分かってしまい(汗)途中で見る気が無くなるんじゃないかと思いきや!これが逆にうまいこと転じ客観的に鑑賞する事に成功(笑)なるほど!そういうことね、うんうん、なるほどなるほど!っと普段とは違った視点で鑑賞を楽しむことが出来なかなか新鮮であった。


物語にはルイの怪我=社会的な問題要素も下地にしていたりするメッセージが盛り込まれていたり。美人の女性には気を付けろ的な教訓もあったりとなかなか勉強になる部分も、終盤辺りは胸糞からのゾッとさせられるような鳥肌がたつ展開など、結構、話を詰め込み過ぎた感も否めなく、少し惜しいと思えるところもあり、見た人によっては賛否両論ありうる作品かと、自分的にはそれなりに楽しめたので賛かな?