あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも書く

わたしに会うまでの1600キロ

f:id:anmitunradio:20181106231550p:image

2015年 ‧ ドラマ/旅‧ 1時間56分

人生のどん底にいたが女性(シェリル)が本来の自分を取り戻すため1人1600キロの荒野を歩く姿を描いたロードムービー


スタンド・バイ・ミー」「レインマン」「ストレイト・ストーリー」「モーターサイクル・ダイアリーズ」「127時間」等。ロードムービー系には名作が多く、基本は実話の原作をベースに製作される事が多く本作も、実話を基に描かれている!女性がたった、1人で1600キロもの距離を横断、旅をするという、大の男でも挫折しそうな過酷な旅を描いており


過去。主人公シェリルの中で傷を負い、自分自身を見失ってしまった。3つの出来事を軸に、旅をしている最中でシェリルが傷を負った時の回想を挟みつつ、現在の辛い旅と自分を戒めるかのように、前に進んでいく姿は壊れた自分を新たに再構築していくかのような、一歩一歩が部品を組み立てるかのようにも見えた。


そして、トラブルや旅先で触れ合い話せる喜びや、人の温もり、将又。女性1人ということでおきうる危険レイプの恐れなど、主人公のシェリルの心情を細かく丁寧に描いており、最初から最後までウィザースプーンの役者魂を感じさせられる演技には圧巻であった。冒頭の足の生爪をひっぺがす場面と幾度も、挫けそうになるもその度に、過去の自分という幻影と向き合い、母親の顔と「コンドルが飛んでいく」を唄うシーンや歌詞は印象的で

 


地を這う蝸牛より雀になりたい

叶うのなら絶対そのほうがいい

打たれる釘よりハンマーになりたい

叶うものなら絶対そのほうがいい

 


正に、主人公の旅を表しているようで、本当の自分自身を取り戻すという頑なで泥臭くてストレートな姿には、勇気をもらうはずだろう。そして見終わった後に自分を見つめ直し、旅に出たくなるような作品である。