あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも

トラック野郎 天下御免

f:id:anmitunradio:20181104174509j:image

1976年 ‧ ロマンス/アクション ‧ 1時間 45分

4作目に突入したトラック野郎!

定番のお約束となった菅原文太演じる!桃次郎の恋愛模様から、これまたお馴染みの人情劇まで、今回もかな~り濃くよくもまぁ、こんなにも話を詰め込んで上手くまとめた挙句に面白くさせちゃうチカラ技は、トラック野郎だからこそ成し得たとしか言いようがない!


今回のヒロインは由美かおる水戸黄門以外ではあまり見たことはなかったが、この時は東映のドル箱だったらしいのは興味深かかった。お約束となった、便所でヒロインに惚れちゃう桃次郎の姿は相変わらず笑え、なんと今回はジョナサンも同じヒロインに恋しちゃうというトンデモ展開へ(笑)


ライバルには宇和島で恐れられている。"愛のコリーダ"なる昭和ならでわのネーミングセンスと独特な服装のキャラも登場!


唐突に始まる相変わらずのデコトラ勝負は男気溢れる白熱した接戦になるものの、途中で何故か裏のヒロインでもある松原智恵子が飛び出して来て、しかも身篭っており出産寸前は流石に突拍子過ぎて、呆然としてしまったが、今までのシリーズ見てるからな何とか冷静を保てた(汗)いや~回が増すごとに、展開もストーリーもハチャメチャになにハマってしまう面白さは反則で恐ろしい作品だわ、このトラック野郎シリーズは...


今では大御所になっているであろう、人気タレントが多くゲスト出演してるのもある意味、本作の楽しみの一つで、今回はまだ毛がフサフサだった笑福亭鶴瓶師匠が登場していたり、何とも貴重映像だ。

 


ジョナサン一家は相変わらずのやり取りは、この作品の癒しでもあるため、毎回、かーちゃんと子供達とのやり取りや点呼はニッコリしてしまう。

 


ラストは誰かの為に普通なら無理な距離を猛スピードで一番星号を走らせ、漢気をこれでもかと発揮する桃次郎に魅せられる展開はお約束とはいえ、最高であり恋、喧嘩、カーチェイス、エロを含めた全ての娯楽の総合商社のような作品で日本にしか作れないであろう作風には感服であった。

 


しかし、自分的にはヒロインの和歌子さん(由美かおる)よりも千津さん(松原智恵子)のが美人だったように思えたけれど、そこは桃さんの好みにもよるのかと思ってしまったし、時代背景もあったのかと、野暮なことを考えてしまうのであった(汗)