あかあしの足跡

自らの目で見た映画を独断と偏見でぶった斬るブログ!たまに映画以外のことも

万引き家族

f:id:anmitunradio:20181103185905j:image

2018年 ‧ ドラマ/クライム ‧ 2時間 1分

【臭いものには蓋をする】

"意味"

都合の悪いことや、世間に知られたくない醜聞が、外部に漏れないように、一時しのぎの方法で隠すことの例。

 


悪臭の元を絶たなければ根本的な解決にはならず。一体、幾つの腐敗や都合の悪いことに対して蓋をしてきているのだろうかと、問いかけられるかのような現代社会の日本の闇的部分の問題を皮肉ったかのような強烈なメッセージ性を感じる作品であった。


映画を見ているというよりか、ドキュメンタリーを見ている感覚に近い作風に作られており、監督の拘りだったのか?万引きのシーンからリアルに描写された生活感丸出しのボロ屋に住む家族やそれを取り巻く環境やそれを演じる、リリーフランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優含む家族全員がリアルでありエグいくらい生々しく感じた。


特に「子供は親を選べない。」という随所に出てくる台詞は、印象的で、前に"子供の成長で影響されるものは、環境"であるんだという言葉を思い出した。物語の家族も...足りない何かを埋めるかのように集まり、嘘で固められたハリボテの家庭であったとしても、自分の事を少しでも想い(嘘でも)必要としてくれている人が存在があるだけで、どんなに貧乏でも、日々食べる事に困っていたとしても、血の繋がりはいらず。少しの笑顔と絆という見えない確証がある訳でもない曖昧なものを愛や心であるんだと言わんが如くの、安藤サクラの名演技は特に必見であり、見ててグッとくるものが確かにあった。終盤感情を剥き出しにするリリーフランキーの演技も、嘘から出た実の如く確かな絆を感じさせられ、全体的に話としては決して明るいテーマや展開はないものの、ラストのまるで浦島太郎のように竜宮城が夢物語であったかのように、遠くを見つめる少女の瞳は儚げであり、前以上に強さと希望を感じさせられ、鑑賞後、投げかけられた問にどう答えるかは見た人にしか分からない答えである。

 

 

余談ではあるのだが...

万引きしてきたカップ麺とコロッケを合わせて食べるシーンがあるのだが、それが兎に角!美味そうで飯抜きで鑑賞しに行ってたので、軽く飯テロであった(笑)